転職活動の履歴書作成のポイント

履歴書で自己PRをすることは、転職活動の成否を握っています。書類審査を突破し、その先に進むためには、内容がしっかりした履歴書を書くことです。志望動機をきちんと書けるかどうかが、転職活動時の履歴書では重要です。いくら本当のことでも、給与がよい、家から近いという理由では志望動機にはなりません。転職希望者の場合は自分の職務経験をどう生かしてどんな仕事をしたいのかということを伝えることが重要になります。

 

志望動機を書く際に、気をつけたいことは何でしょうか。重要なことは、企業の今後の成長方向を理解しているか、求人内容には沿っているか、実績や経験を活用できるかどうかです。今まで自分がどんな仕事をしてきたかを具体的に書いた上で、それらを動機に結びつけます。余白は一割程度になるように文章を書きます。志望動機を書く場合は、本当に動機を書くというより、募集企業が必要としている人材に自分が合致していることを相手に伝えることが主旨です。

 

相手にいい印象を持ってもらうためには、動機に年収が高いことや、オファーメールが来たからという動機は好ましくありません。受け身の姿勢では転職活動を成功させることはできません。転職希望の場合は企業側も即戦力となる人材を探しています。未経験者でもやる気はあるので、仕事をしながら覚えておきたいという主張は通りにくいようです。履歴書を通じて自分自身を会社に売りこむような気持ちで作成することで、転職活動の強力な武器となります。

 

 
ミュゼ渋谷|知らなきゃ損!WEBでお得に!